脂漏性湿疹による頭頂部の脱毛|30代女性の薄毛お悩み相談

MENU

ご相談内容

投稿日:2014年9月26日

 

島根県 金森泉様 33歳

 

中学生の頃から毎日きちんとシャンプーをして清潔にしているにも関わらず、頭皮の痒み(主に後頭部・首近くと頭頂部)に悩んできました。

 

母も同じ症状でそれが脂漏性湿疹だという事はわかっているのですが、皮膚科に行きローションをもらって塗っている間は痒みも落ち着くのですが、薬がなくなりしばらく塗らないでいると結局また酷い痒みと赤みで本当に嫌になります。

 

最近では頭頂部の脱毛だと思うのですが、薄くなってきたのがとても気になります。

 

『脂漏性湿疹』で検索して色々調べてみると、湿疹のせいで脱毛も起こるようでとてもショックです。

 

痒みだけでもすごくストレスなのに薄毛にまで悩まされるなんて・・・。

 

女性なのでなおさら気になります(男性の方もでしょうけど)。

 

食生活やストレスが関係あるようですが、この病気は完治する事はないのでしょうか?

 

このまま一生薬を手放せず、永遠に皮膚科通いをするのかと思うと憂鬱です。

 

このような体質に生まれたので仕方ないとは思いますが、何だか虚しくなります。

 

毎日の生活ではどういった事に気を付けるかなど、もしよろしければご教示いただけますか?

サポートからの回答

まず金森さんの場合は脂漏性皮膚炎を完治させることを目指しましょう。

 

 

今使っているローションはニゾラールでしょうか?ステロイドでしょうか?

 

 

もしステロイドであれば頭皮の委縮やリバウンドが起きやすいので使用を中止することをオススメします。

 

 

ニゾラールは抗真菌作用と、ある程度の抗炎症作用があります。

 

 

脂漏性皮膚炎の原因療法としては最適です。

 

 

次に食生活面を見直すことが大切になります。

 

 

十分な睡眠を確保し、規則正しい生活を送るのは基本です。

 

 

意識したいのはビタミンB2とビタミンB6の摂取です。

 

 

ビタミンB2には脂質を使って頭皮の細胞を再生したり、過酸化脂質を分解する働きがあります。

 

 

ビタミンB6には脂質の代謝で重要な働きをします。

 

 

またビタミンB2とB6はどちらが欠けても働きが悪くなります。

 

 

食事からの摂取はもちろん、難しい場合はサプリメントでもOKです。

ビタミンB2サプリの選び方

ビタミンB6サプリの選び方

 

 

最後に注意してほしいのが、金森さんは現在薄毛にも悩んでいますが育毛剤は絶対に使わないでください。

 

 

育毛剤には血管拡張作用があり、もし使用した場合は慢性的な炎症状態が続いてしまいます。

 

 

その為に薄毛の進行を促進させてしまいます。

 

 

まずは薄毛の原因になっている脂漏性皮膚炎の治療を優先させてください。

 

 

がんばっていきましょう。