バランスの良い食事|女性の薄毛対策

MENU

薄毛に"ワカメ"は都市伝説だった

髪の毛の約95%は18種類のアミノ酸が結合したケラチンというタンパク質でできています。

 

 

よって女性の薄毛にバランスの良い食事は必要不可欠です。

 

 

特に、

 

 

・タンパク質を多く摂取でき、女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンを含む大豆製品を摂取する

 

 

・タンパク質を身体の中に取り込むためにビタミンA、ビタミンB6、ビタミンEを摂取する

 

 

・細胞を正常に機能させるためにヨウ素や亜鉛、ゲルマニウムなどのミネラルを摂取する

 

 

この3つは女性の薄毛にとって絶対に外せない食品の成分になります。

 

 

薄毛にワカメやコンブがいい?

 

ワカメやコンブなど海藻類にはアミノ酸が少量しか含まれません。
当然、摂取することは重要ですが、海藻類だけ食べていても何の意味もないことを覚えておきましょう。

驚異の食品パワー

良質のタンパク質を摂取することは、髪の毛の主たる成分がタンパク質であることから容易に理解できると思います。

 

【植物性のタンパク質を多く含む食品】
大豆、豆腐

 

【動物性タンパク質を多く含む食品】
飽和脂肪酸を含む肉より、不飽和脂肪酸を含む魚が良い

 

 

ビタミンAは肝臓に蓄積されて皮膚や爪、髪の毛を健康に保つ働きをします。

 

【ビタミンAを多く含む食品】
緑黄色野菜(ニンジン、カボチャ、ホウレン草など)、ウナギ

 

 

ビタミンB6はタンパク質の代謝に大きく関わり、健康な皮膚や髪の毛を作る働きをします。

 

【ビタミンB6を多く含む食品】
イワシ、マグロ、サバなどの青魚

 

 

ビタミンEは血行を良くし、皮膚や頭皮に酸素と栄養を供給する働きをします。

 

【ビタミンEを多く含む食品】
オリーブオイル、コーン油、マーガリンなどの植物油
ナッツ類、ゴマ、玄米など

 

 

ニンニクやタマネギを食べるのは良い?

 

健康な毛髪を生み出す毛母細胞は血行が悪いと働きが悪くなります。
血行促進のためにも毎日摂取すると良いです。

 

 

次に髪に良いとされるミネラルは細胞を正常に機能させるという重要な働きをします。

 

 

ヨウ素は甲状腺ホルモンに関係するミネラルです。

 

 

基礎代謝促進や成長作用があり、髪の毛のツヤを良くする働きがあります。

 

 

ヨウ素は1日0.1mgの摂取量が理想で、コンブ2gを目安として食べるといいです。

 

 

亜鉛は皮膚の形成に関係するミネラルです。

 

 

タンパク質の合成に関係する働きをし、抜け毛予防や、肌、頭皮の為に良いです。

 

 

亜鉛は1日10mgの摂取量が理想で、カキ2個を目安として食べるといいです。

 

 

ゲルマニウムは温泉成分の1つとして聞くミネラルです。

 

 

酸素を体内に取り込む働きを促進し、新陳代謝をアップさせる働きをします。

 

 

飲料水として販売されているので、各メーカーから推奨されている1日摂取量を目安に飲むといいです。