40代、50代、60代以降の女性の薄毛の原因

MENU

びまん性脱毛症

40代以降の女性にみられる薄毛の特徴としては、

 

 

1つの毛穴から出る髪の本数が減る
髪が痩せる
髪の色が薄くなる
頭頂部が全体的に薄くなる

 

 

これを女性型脱毛症びまん性脱毛症と呼びます。

 

 

40代以降の女性の薄毛も10代、20代、30代の女性の薄毛と同様に、ヘアサイクルが機能せずに引き起こされるケースもあります。

『10代、20代、30代の女性の薄毛の原因』を参照

 

 

ただし10代、20代、30代の女性の薄毛大きく違う点はホルモンの減少が挙げられます。

 

 

女性の薄毛には諸説ありますが、ここでは2つのホルモンの減少について解説していきます。

原因1 エストロゲンの減少

エストロゲンは女性ホルモンの1つで、毛髪を発達させ、毛髪の成長期を持続させる働きがあります。

 

 

エストロゲンの分泌は28歳頃がピークで、あとは年齢を重ねるごとに減少していきます。

 

 

閉経後は副腎からの分泌はあるが、極少量になります。

 

 

エストロゲンが減少する=髪の成長期が短く、休止期が長くなる

原因2 甲状腺ホルモンの減少

甲状腺ホルモンには皮膚の再生、血液を作る、体温の維持、毛髪を成長させる毛母細胞を活性化させるなどの働きがあります。

 

 

甲状腺機能低下症という甲状腺ホルモンが少なくなる病気があります。

 

 

特にこの病気は40代の女性に多く、加齢による薄毛と混同しやすい特徴があります。

 

 

甲状腺ホルモンの分泌が減少してしまうと生死に関わる臓器などへの配分を最優先させてしまいます。

 

 

髪の毛の成長に使われる分が減ってしまい、結果として、髪の毛の発育不良が起こり、抜け毛が増え、発毛が阻害されるという症状が出ます。