正しいシャンプーの使い方マスター|女性の薄毛対策

MENU

毛穴つまりの原因はシャンプー

女性の薄毛対策で正しいシャンプーの使い方を覚えることは重要です。

 

 

特に髪や頭皮に残ったシャンプーは毛穴をつまらせる原因になります。

 

 

ブラッシングする

 

 

お風呂に入る前の髪が乾いてる時にブラッシングします。

 

 

髪についたホコリやゴミを落とし、毛のもつれをほぐします。

 

 

髪と頭皮をお湯で流す

 

 

汗やホコリ、ヘアケア剤など水溶性の汚れを落とします。

 

 

髪の毛をお湯によって膨らませ、脂性の汚れを浮き上がらせることもできます。

 

 

シャンプーを頭皮につける

 

 

シャンプーは髪の毛ではなく、頭皮につけます。

 

 

シャンプーは泡が多いと汚れがよく落ちると勘違いしている人が多く、泡立ちの為に多めにシャンプーを使う傾向にあります。

 

 

必ず使用量の目安を守るようにしましょう。

 

 

頭皮を優しく洗う

 

 

シャンプーは髪の毛を洗うのではなく、頭皮を洗う意識が大切です。

 

 

指の腹で頭皮をマッサージするように洗います。

手を大きく動かし、ゴシゴシと洗ったり、こすりすぎたり爪を立てるのはNGです。
頭皮を傷つけ、薄毛の原因になります。

 

 

時間をかけてよくすすぐ

 

 

シャンプー剤が髪や頭皮に残らないように、お湯で時間をかけてすすぎましょう。

残ったシャンプーは頭皮の毛穴をつまらせる原因になります。

 

 

シャンプー後はトリートメントなどで髪を保護します。

トリートメントで細菌繁殖

トリートメントの使い方では絶対に注意しないといけないことがあります。

 

 

トリートメント剤は絶対に頭皮につけない

 

 

トリートメントを頭皮にすり込んだり、伸ばしたりするのは絶対に厳禁です。

 

 

頭皮をきれいに洗った後に余分な油分を与える事になります。

毛穴をふさぎ、頭皮に細菌が繁殖して炎症の原因になるので絶対に注意しましょう。

トリートメントの手順

シャンプーをすすいだ後、

 

 

@トリートメント剤の油分をはじかないように軽くタオルドライする

 

 

Aトリートメント剤を手のひらに広げる

容量を必ず守りましょう。
トリートメント剤はたくさんつけても効果はありません。
逆に油分が多すぎて日焼けしやすくなり、毛髪が赤く退色する原因になります。

 

 

B内側からたたくようにし、トリートメント剤を髪につける(ショートヘアなら髪をつまむ感じ)

 

 

C少し時間を置く

ダメージがひどい人はシャワーキャップをかぶり、5〜10分ほどおく

 

 

D髪をこすらないように優しくすすぐ