十分な睡眠をとる|女性の薄毛対策

MENU

なぜ十分な睡眠が必要なのか?

女性の薄毛は女性ホルモンや家庭、仕事の悩みなどストレスにも原因があります。

 

 

規則正しい生活がとても大事になります。

 

 

特に22時から2時の間に睡眠をとることが大事です。

 

 

22時から2時の間に睡眠をとると、副交感神経が優位になる

成長ホルモンの分泌が促進される

頭皮において毛母細胞や頭皮の皮膚細胞が生まれ変わる

健康な毛髪が生まれ育つ良い頭皮環境になる

睡眠の質を上げる方法

体温を調整する

 

 

身体がリラックスするのは上がった体温が下がり始めた時です。

 

 

バスタブにつかって体温を調節することで良い睡眠につながります。

 

 

バスタブの温度を夏は39度、冬は40度から41度が最適な温度です。

 

 

42度以上になると身体が興奮状態になり眠れなくなってしまいます。

 

 

照明を調整する

 

 

人はサーカディアンリズムと呼ばれる体内時計にコントロールされ、脳にある松果体で調整します。

 

 

3000〜10000ルクスの朝日でリセットされ、1日のリズムを刻むことを繰り返しています。

 

 

リセットして14〜15時間後に松果体からメラトニンというホルモン物質が出始め、その2時間後に眠くなります。

 

 

そのタイミングで就寝することで睡眠の質が上がります。

 

 

就寝30分前にやわらかな照明に落とすとスムーズに眠りにつけます。
特に薄いピンク色、サクラ色の照明が一番リラックスできます。

テレビやパソコンは1000〜1500ルクスあります。
目から入る刺激で脳が興奮状態になるので寝る前の使用は避けましょう。

 

 

カーテンを少し開ける

 

 

真っ暗闇の中より、30ルクス程度の月明かりがある方が快眠できます。

 

 

直接目に明かりが入らないように足元の方を開けるのがポイントです。

 

 

カフェインとタバコはNG

 

 

カフェインは寝る前の4〜5時間前まで

 

 

タバコは寝る前の1時間前まで

 

 

少量のアルコールやホットミルクは睡眠を誘うのでオススメ

 

 

リラックスできる音を流す

 

 

脳がリラックスしている状態ではα波が出ています。

 

 

風の音や水が流れる音、鳥の鳴き声など1/fゆらぎと呼ばれる音は脳をリラックスさせα波が出やすいです。

 

 

タイマーをセットして30分くらいで切れるようにするといいでしょう。

 

 

アロマやお香

 

 

寝室にアロマやお香を使うことでリラックスしたり、ストレス解消につながります。

 

 

眠気を誘う香りはラベンダーです。

 

 

90分単位で目覚ましセット

 

 

睡眠は浅い眠りのレム睡眠と深い眠りのノンレム睡眠を繰り返します。

 

 

ノンレム睡眠からレム睡眠に切り替わるタイミングで起きるのがベストです。

 

 

そのタイミングが90分の倍数で、1時間30分、3時間、4時間30分、6時間、7時間30分、9時間に合わせるといいです。